税理士の資格取得

税理士になるためには、専門の知識を学習する必要があります。その知識を計るボーダーとして最も一般的なものが年に一度行われている税理士の筆記試験に合格することです。全部で5科目に合格する必要があり、どの科目も合格率は10%~20%と非常に難しく専門性を問われる内容であることがわかります。税理士試験には受験資格があり、まずはこの受験資格にパスする必要がありますが、受験資格を満たしても最低2年以上の勉強が必要と言われるほど難関と言われています。

実際には高校を卒業したあと、大学や短大で税務や会計について学んだり、税理士を目指す専門学校に進学し、学びを深めながら多くの資格取得を目指すことでよりこの試験への合格を可能にすることができます。また、学校で学ぶ以外にも会計などに関する業務に3年以上従事することで受験資格を満たすことができます

また、弁護士や公認会計士の資格を取得することで税理士として働くこともできます。弁護士も公認会計士も、税理士と同じように法律や会計の知識を必要とする職業のため、その試験には同じような専門性を問う問題が用意されているため、可能とされています。

しかし、難関の税理士試験に合格してすぐに税理士として登録されるわけではありません。実際には最低でも2年間実務を経験して初めて、税理士として登録されます。

【参考リンク】http://www.o-hara.ac.jp/senmon/
税理士コースがある専門学校“大原学園”です。

税理士の仕事

税理士とは、手続きなどで発生する税務や企業の会計のスペシャリストのことです。煩雑な税務書類の作成や、時には税務上の指導や助言まで行います。

手続きや会社の運営などで発生する税金について、税務官公署に申告や申請の書類を提出する必要がありますが、やらなければならない手続きではありますが税務についての知識が必要となり、一人で作成するには大変な労力が必要となります。この時、税理士へ痛くすることで、こういった税務の代理を行ってくれます。また、所得金額や税務の計算など税務についえの相談も実施しています。これらの仕事は税理士だけに認められている独占業務であり、以上の仕事を全うするために税理士を目指す人は税務について深く学ぶ必要があります。

税理士は独立開業することもできるため、長く働く上での選択肢が広がります。また、税理士にしかできない仕事があり、その業務の特殊性から収入が高いところも多いです。こういった将来性や生活の安定面から税理士を志す人も少なくありません。

また、税理士は確かに机上の確かな知識も必要になりますが、コミュニケーション能力も求められます。コミュニケーションは個人や企業のお金の相談を受けるため信用性の面でも、また円滑な手続きを進める上でも重要です。

専門学校で税理士を目指す

例えば会社を興す際に必ず関わってくる税金についての手続きはさまざまな書類を揃えたり記入する項目についても細かく定められており、会社を興す準備で忙しい中ではなかなか時間も取れずまた相応の知識も要するため、自分で手続きを進めるのは難しいものです。そんなときに頼れる存在が税務のプロである税理士です。

税理士はその名の通り、企業や不動産オーナーの会計処理を代行したり、申告書を作成することを仕事とする税務に関するエキスパートです。また、資産税や贈与税、相続税など普段から関わることではなくても突発で発生する手続きの際も頼れる存在です。

税理士はその仕事の特殊性から税理士としての資格取得も難関と言われています。それは税理士試験自体の難しさやその試験を受けるための受験資格の厳しさもあります。試験の難しさ、という点では知識としての難易度もありますが、学習の計画性という点でも難しいとされています。一定の科目数を合格して初めて試験に合格できる試験ですが、一度に全て合格する必要はありません。計画を立てて確実に科目に合格をして何年かをかけてパスする人がほとんどです。そのため、独学で学習することも不可能ではありませんが、専門学校や大学などに通いながら試験合格を目指す人が多くいます。

税理士を目指すうえで専門学校への進学は選択肢の一つとなります。専門学校での学習は、より専門的な知識を実践に近い形で学ぶことができるため、学ぶ上でぶつかる疑問に対して専門の知識に長けた講師がフォローできる体制が整っています。