税理士の資格取得

税理士になるためには、専門の知識を学習する必要があります。その知識を計るボーダーとして最も一般的なものが年に一度行われている税理士の筆記試験に合格することです。全部で5科目に合格する必要があり、どの科目も合格率は10%~20%と非常に難しく専門性を問われる内容であることがわかります。税理士試験には受験資格があり、まずはこの受験資格にパスする必要がありますが、受験資格を満たしても最低2年以上の勉強が必要と言われるほど難関と言われています。

実際には高校を卒業したあと、大学や短大で税務や会計について学んだり、税理士を目指す専門学校に進学し、学びを深めながら多くの資格取得を目指すことでよりこの試験への合格を可能にすることができます。また、学校で学ぶ以外にも会計などに関する業務に3年以上従事することで受験資格を満たすことができます

また、弁護士や公認会計士の資格を取得することで税理士として働くこともできます。弁護士も公認会計士も、税理士と同じように法律や会計の知識を必要とする職業のため、その試験には同じような専門性を問う問題が用意されているため、可能とされています。

しかし、難関の税理士試験に合格してすぐに税理士として登録されるわけではありません。実際には最低でも2年間実務を経験して初めて、税理士として登録されます。

【参考リンク】http://www.o-hara.ac.jp/senmon/
税理士コースがある専門学校“大原学園”です。