税理士の仕事

税理士とは、手続きなどで発生する税務や企業の会計のスペシャリストのことです。煩雑な税務書類の作成や、時には税務上の指導や助言まで行います。

手続きや会社の運営などで発生する税金について、税務官公署に申告や申請の書類を提出する必要がありますが、やらなければならない手続きではありますが税務についての知識が必要となり、一人で作成するには大変な労力が必要となります。この時、税理士へ痛くすることで、こういった税務の代理を行ってくれます。また、所得金額や税務の計算など税務についえの相談も実施しています。これらの仕事は税理士だけに認められている独占業務であり、以上の仕事を全うするために税理士を目指す人は税務について深く学ぶ必要があります。

税理士は独立開業することもできるため、長く働く上での選択肢が広がります。また、税理士にしかできない仕事があり、その業務の特殊性から収入が高いところも多いです。こういった将来性や生活の安定面から税理士を志す人も少なくありません。

また、税理士は確かに机上の確かな知識も必要になりますが、コミュニケーション能力も求められます。コミュニケーションは個人や企業のお金の相談を受けるため信用性の面でも、また円滑な手続きを進める上でも重要です。